お問い合わせ

AER YOU IN TROUBLE?

一発処理除草剤を
使ったのに
雑草が
残っていませんか?

近年、移植後の高温などにより雑草の発生・生育が早まり
一発処理除草剤の使用適期を逃してしまうケースが多く見られます。
そこで、代かき時や田植直後に初期除草剤を使用することで、雑草の発生を抑え、
一発処理除草剤につなげる防除体系をご提案します。

1成分で初期の雑草発生を抑えます!

代かき直後または田植直後に使用することで、
発生している雑草や生育初めの雑草を防除できます。
雑草の発生を抑え、一発処理除草剤につなげる体系防除が有効です。

あらかじめ初期除草剤を使用することで、雑草の発生を抑制します。
長期間にわたり発生するノビエ、ホタルイ、コナギなどに高い効果を発揮します!

  • ノビエ

    ノビエ

  • コナギ

    ホタルイ

  • コナギ

    コナギ

移植後、高温になるとノビエ、ホタルイ、コナギなどは発生と生長のスピードが早くなるため、
雑草が大きくなりすぎて通常の一発処理除草剤の除草効果が十分出ないことがあります。
あらかじめ初期除草剤を使用することで雑草の発生を抑え、
通常の一発処理除草剤でも安定した効果が得られます。

処理後5週間程度ノビエの発生を抑制します。

試験場所:

北興化学工業㈱開発研究所内温室

試験規模:

1/2,500aポット3反復

供試植物:

ノビエ

調査方法:

薬剤処理当日から7日間隔で各雑草の催芽種子を播き、播種21日後の除草効果程度を調査した。

  1. メテオ剤
  2. A剤

処理後2週間程度イヌホタルイの発生を抑制します。

試験場所:

北興化学工業㈱開発研究所内温室

試験規模:

1/2,500aポット3反復

供試植物:

イヌホタルイ

調査方法:

薬剤処理当日から7日間隔で各雑草の催芽種子を播き、播種21日後の除草効果程度を調査した。

  1. メテオ剤
  2. A剤

処理後5週間程度コナギの発生を抑制します。

試験場所:

北興化学工業㈱開発研究所内温室

試験規模:

1/2,500aポット3反復

供試植物:

コナギ

調査方法:

薬剤処理当日から7日間隔で各雑草の催芽種子を播き、播種21日後の除草効果程度を調査した。

  1. メテオ剤
  2. A剤

処理後5週間程度アゼナの発生を抑制します。

試験場所:

北興化学工業㈱開発研究所内温室

試験規模:

1/2,500aポット3反復

供試植物:

アゼナ

調査方法:

薬剤処理当日から7日間隔で各雑草の催芽種子を播き、播種21日後の除草効果程度を調査した。

  1. メテオ剤
  2. A剤

HOW TO USE

メテオ剤の使い方

  • 田植え同時処理

    田植え同時処理(写真は1キロ粒剤を使用)

    1キロ粒剤とフロアブルは田植同時処理が可能です。
    労力を大幅に削減できます。

  • 田植え同時処理

    水口処理(フロアブル)

    水口に薬剤をセットするだけで、水の流れと対流により薬剤が拡散します。圃場を歩いて散布する必要はありません。

メテオ一発処理除草剤または中後期除草剤との
雑草防除体系の事例

1.メテオを移植前に使用する場合

2.メテオを移植時以降に使用する場合

※一発処理除草剤または中後期除草剤は“使用時期”の範囲内でお使いください。

使用の
ポイント

散布の前に代かきは丁寧に行い、散布時は湛水してください(水深3~5cm、ジャンボは水深5~6cm)。
散布後少なくとも3~4日間は通常の湛水状態を保ち、散布後7日間は落水、かけ流しはしないでください。

CONTENT

メテオの適用内容

有効成分名・量:ペントキサゾン・2.5%

1キロ粒剤 (2020年3月末日現在)
作物名 適用雑草名 使用時期 使用量 本剤の使用回数 使用方法 ペントキサゾンを含む
農薬の総使用回数



水田一年生
雑草
及び
マツバイ
ホタルイ
クログワイ
移植時 1Kg/10a 2回以内 田植同時散布機
で施用
2回以内
植代後~移植前7日又は
移植直後~ノビエ1葉期
但し、移植後30日まで
湛水散布

有効成分名・量:ペントキサゾン・5.0%

フロアブル (2020年3月末日現在)
作物名 適用雑草名 使用時期 使用量 本剤の使用回数 使用方法 ペントキサゾンを含む
農薬の総使用回数



水田一年生
雑草
及び
マツバイ
ホタルイ
クログワイ
移植時 500ml/10a 2回以内 田植同時
散布機で施用
2回以内
植代後~移植前7日又は
移植直後~ノビエ1葉期
但し、移植後30日まで
原液湛水散布
又は
水口施用

有効成分名・量:ペントキサゾン・8.3%

ジャンボ (2020年7月8日現在)
作物名 適用雑草名 使用時期 使用量 本剤の使用回数 使用方法 ペントキサゾンを含む
農薬の総使用回数



水田一年生
雑草
及び
マツバイ
ホタルイ
植代後~移植前7日
又は
移植直後~ノビエ1葉期
但し、移植後30日まで
小包装(パック)
10個(300g)/10a
1回 水口施用
又は
水田に小包装
(パック)のまま
投げ入れる
2回以内

※ 注意事項など詳細はラベルをご覧ください。

LINE UP

多彩なラインナップ

  • 1キロ粒剤

    田植同時処理に
    オススメ
    粒剤タイプ

  • フロアブル

    扱いやすい
    液体タイプ

  • ジャンボ

    水田に投げ込む
    だけのパック剤

メテオは

比較的低コストだから防除体系に組み入れやすい

メテオ剤を利用した場合の価格イメージ

雑草イネにも有効です!

日本植物調節剤研究協会
雑草防除・植物の生育調節に関する技術情報

3剤型とも「雑草イネ除草剤として実用化可能と
判定された水稲用除草剤」
にも掲載されています。

TRY OUR BEST

よくあるご質問

  • Q
    薬害の発生はありますか?
    A

    接触部位に褐変症状が出る場合がありますが、一過性で収量にはほとんど影響しません。

    Q
    深水条件での薬害はありますか?
    A

    葉鞘褐変が認められる場合がありますが、生育に対する影響はほとんどありません。

    Q
    浅植え条件での薬害はありますか?
    A

    根部が土中にあれば影響はほとんどありません。根部が露出する場合は他剤と同様、薬害の発生リスクがありますので注意してください。

DOWN LOAD

資料ダウンロード

ご購入ならびにご相談は

お近くのJAまでお問い合わせください。